So-net無料ブログ作成

強迫性障害 セロトニンを使わずに治療する方法 内容 [強迫神経症克服バイブル内容]

静かで横になれる所であれば、場所はどこでも実践できる効果抜群の鈴木進さんの治療法は、

要点をまとめると↓のような感じです。



■それほど我慢しなくても、発作を抑えることができるようになる対処法

■あなたを改善に導くあるトレーニング

■強迫性障害にかかりやすい人の性格

■あなたの症状の進み具合をチェックする強迫性障害チェックリスト






強迫性障害は、几帳面な性格であったり、融通がきかずに生真面目な性格がなりやすい病気で、

あのデビッド・ベッカムもこの症状を持っているといわれています。


だれがなってもおかしくはない病気で、治療のためには病気であることをきちんと受け入れて、

心と体の両面からケアをしていくことが大切です。




追い詰められることもイライラすることもなくなり、平穏な暮らしを取り戻すにはこちら








共通テーマ:健康

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。